社会人の皆さんへQ&A

「もう一度、学校に行きたい!勉強したい!」と思ったとき、どこに相談すれば?
数学塾むれに気楽に相談してください。勉強や受験の内容に合わせて計画を立てましょう。
学校の勉強からずいぶん離れているけれど?
学生時代の成績を思い出して不安になる人も心配ありません。まず今の自分の力を確かめて、できるところから始めましょう。勉強は、わからないところから始め、目標に向かってマイペースでするのが、基本です。
大人になってからの勉強は、学生のときより、よくわかることもあります。
社会に出てから経験してきたことや、これまでの生活の中で経験してきたことが、学力(勉強)の基礎力になっていることがよくあります。やる気が出ないまま授業を受けていた学生時代は違って、今度は知りたいこと、やりたいことと向き合う勉強です。勉強の内容には、自分が思っているよりもよく理解できることが沢山あるものです。
どんな勉強から始めればいいのですか?
あなたの今の力がわかったところで、力にあった教材で始めましょう。何でもかんでも小学校や中学校の教科書から始める必要はありません。市販されている教材のほとんどが、受験用に作られていますから、場合によっては、わかることもわからなくなることがあります。
高校を卒業していないけれど大学に入れるのかな?
高校を卒業していない人は、まず高等学校卒業程度認定試験を受けるか、高校に入学し卒業する必要があります。どちらでも時間やかかる費用などを考え計画を立てましょう。
高卒認定試験って難しいんでしょう?
そんなことはありません。中学校を卒業して、半年で合格する若者が毎年います。中学校の教科書を読むことができれば、大体合格すると考えてよいでしょう。
*詳しくはこちら→高校卒業程度認定試験ってどんな試験?
大学受験は大変なんでしょう?
大学に入るには、大学受験を受けなければならないのは当然ですが、昔のような教科の試験(ペーパーテスト)のほかにいろいろな方法(AO入試推薦入試社会人入試など)があります。高卒認定資格を11月に取得し、その年度の受験で大学に入ってゆく人が毎年何人もいます。一番大変なのは、勉強のペース作りです。伴走者がいれば、ずいぶん違います。
受験の為ではなく、知りたいことを勉強したいのだけれど…?
受験を離れた勉強も大歓迎です。
数学塾むれトップへ戻る