11月のお知らせ

*今年の夏は知らず知らずのうちに体にダメージを与えていたと思います。秋になっても日照時間の少ない日が続きなかなか気分が晴れることがありません。その為か風邪も流行っているようですが、皆さん体調を崩したりしていませんか?

*11歳の子が、オセロゲームの世界チャンピオンになりました。スポーツだけではなく、我が国の少年・少女の活躍が止まりません。強制される教育で子どもの能力を伸ばすのは不可能ということが明らかになってきました。必要なのは、教え導く「教育」ではなく、寄り添い見守る「撫育」だと思います。

*「撫育」とは、江戸時代の大人とこどもの関係です。普通の大人たちが普通にやっていたことです。西洋には、子どもがいなかった(子どもは、未熟な大人だった)けれど、わが国には、江戸時代から子どもがいました(幕末期に我が国に来た西洋人の紀行文にそのことが書かれているそうです)。ですから、大人たちもゆとりのある暮らしをして、子どもとともに今の暮らしを楽しむ方法を見つけてゆけば、子どもたちものびのび育つのだと思います。

*大学入試では、女子差別が浮き彫りになりました。しかし、これは実は、就職問題なのですが、男中心の社会のままの大学は、そのことを隠し、就職時だけではなく、入試の段階から、男中心の産業界の要請に盲従し協力しているのです。

*学校というところには男尊女卑の思想が根づいています。入学試験だけではありません。私は30数年前に、教師の親に対する態度が、父親と母親で違うことに驚きました。学校は戦後、男女平等の民主主義社会になったはずと思っていたので、びっくりしました。

*同時に最近は、パワハラが横行するスポーツの世界のニュースが続きます。スポーツの世界に否定された昭和の考え方や体質が、いまだに残っていることが浮き彫りになりました。

*このような動きが生まれてきた背景には、私が若かった時にはなかったインターネット(SNS)があります。インターネットは良くも悪くもいろいろなことを変えています。ある意味の混乱・混沌も起きているのですが、その後にさらなる混乱・混沌・破滅が待っているのか?希望への道筋が見えるのか?私は後者を信じています。

*忙しくて平日に塾を利用できない塾生のために、申し入れがあれば、休みの日も塾を開けます。11月は、11日(日)、23日(金)、24日(土)、25日(日)の13:00~16:00は大丈夫です。

11月の予定

11月3日(土) 文化の日 『○○の会』 13:00~16:00

11月23日(金) 勤労感謝の日(塾はお休みです)

数学塾むれトップへ戻る