中学生・高校生の皆さんへQ&A

あなたの本当の学力は、点数ではわからない!
体調が悪かったり、やる気がマッタク出なかったときの試験の点数にはあなたの学力を表れません。たまたま答えを覚えていたり、まぐれで出来た試験もあなたの本当の学力を表しているとはいえません。本当の学力を知りたいときは、やる気が出たときに落ち着いてやってみて確かめてみればいいのです。
学校の授業はどうしてわからないの?
お腹が空いていないのに、食事をしなければならないのと同じです。無理やり食べても、おいしく感じないし、何の栄養にもなりません。お腹が空いているときの食事は、ちゃんと食べることが出来るし、食べたものも栄養になります。
数学は、やれば出来るようになるの?
数学は教科の中で一番覚えることが少なく、ルールを守るだけで誰にでも解けるものです。しかし、パソコンと同じでルールを守らないとどうにもなりません。
学校の勉強は、わかるように話してもらうと、わかることが沢山あります。
わからないことは、どう聞いたらよいかわからないものですが、わかりたいと思ったときに、とにかく言葉にしてみてください。教えてくれる人に、あなたにわかってもらいたいという気持ちがあれば、話しているうちにわからないことが見えてきて、わかってしまうことがよくあります。
今から塾に入って、みんなについてゆくことができるかな?
勉強は、わからないところから始め、塾や学校に合わせるのではなく、自分のペースでするのが、一番効果があります。
学校の勉強だけでは高校に入れないの?
そんなことはありません。中間や期末など定期試験があるごとに学校の勉強をしっかりやっているだけで充分に合格できます。あなたの勉強を見守ってくれる人がいれば、より確実になります。
このままで高校受験、大学受験に間に合うのかな?
あなたが「始めよう」と思ったときが、あなたの受験勉強のスタートで、あなたにとって一番よい時期です。特に大学入試はいろいろな方法(1~5教科の一般入試AO入試推薦入試社会人入試)があります。希望する大学の入試方法をきちんと調べましょう。
学校の勉強のほかに、塾の勉強までできるかな?
学校の勉強で基本的に足りますが、もっと勉強したい人には教材を与えています。
高校は行かなければならないの?
そんなことはありません。高校に行かなくても高卒程度の資格(高卒認定資格)を取ることができますし、その後大学にも専門学校にも進むことができます。中卒後の時間を有意義に過ごすのが一番です。

*詳しくはこちら→高校卒業程度認定試験ってどんな試験?
「高校生になってから勉強がわからなくなった!」と感じていませんか?
高校生になると、中学のときより授業時間が増え、内容も難しくなります。わからなくなったとき、そのままにしておくと、すぐ辛い状態に追い込まれます。定期試験のときに、ポイントを抑えた復習するだけでずいぶん楽になり、受験を意識したときにもスタートがスムーズに行きます。
「宿題や課題(レポート)が大変!」で困っていませんか?
「教科書を見ればわかります」と言われても、どこに書いてあるかさっぱり分からない。分厚い教科書の中から、調べたい所を一人で探すのは、大変です。そんなとき相談相手がいると楽に進みます。
「小論文(感想・志望動機・自己PR文など)が書けない!」と感じていませんか?
文章を書くためには、自分の考えをもつこととその考えを文章にする練習が必要です。これも普段の勉強で、きちんと文を読むこと・答案を書くことを続けるだけで基礎が出来ます。そして、人に読んでもらうことが大切です。
数学塾むれトップへ戻る